女性

綺麗をいつまでも|目の下のたるみを改善するヒント

乳房を取り戻す美容整形

バスト

乳がんの治療後に

乳房再建とは、乳がんの治療で乳房の膨らみを失った人から注目されている美容整形です。乳がんの治療では、がん細胞が増殖している範囲に応じて、乳房が切除されます。部分的な切除で済む場合もあれば、乳房全体の摘出が必要となる場合もあります。いずれの場合も、乳房は治療前と全く異なる形状になるのですが、乳房再建を受ければ、元の形状に戻すことが可能になるのです。乳房再建は具体的には、乳房の皮膚の内部に人工乳房を挿入するという方法でおこなわれています。人工乳房は、多くの場合はシリコンで作られています。シリコンは、頑丈な上にほどよい弾力がある素材なので、乳房再建後の乳房は、自然な柔らかさを長く保つことができます。もちろんこれにより乳がんの再発リスクが高まるといったこともないため、安全性の高さでも評価されています。

まずは皮膚拡張器を

人工乳房には、様々な大きさや形状のものがあり、患者は残っている方の乳房の大きさや形状に合わせて、自由に選択できます。しかし大きな人工乳房を挿入するためには、それを覆うだけの皮膚が必要となります。そのため乳房再建では、まずは皮膚を広げるという手術からおこなわれることになります。具体的には、皮膚拡張器を挿入し、そこに生理食塩水を注入して徐々に膨らませることで、皮膚を広げていくのです。皮膚は6ヶ月ほどで十分に広がるので、そうなってから皮膚拡張器を取り出して、人工乳房を挿入するわけです。昨今の乳がんの治療では、患者が乳房再建を希望している場合には、腫瘍の摘出時に皮膚拡張器を挿入するようになっています。こうすることで、よりスムーズに乳房再建をおこなうことができるようになるのです。