女性

綺麗をいつまでも|目の下のたるみを改善するヒント

高濃度ビタミンC点滴療法

注射する女性

抗ガン作用にも期待

ビタミンCの美肌効果については良く知られており、ビタミンC誘導体を使った化粧水や乳液などは、美白化粧品として人気があります。その一方で美容皮膚科では、高濃度のビタミンCを点滴する治療法が、近年注目を集めています。これは美白やアンチエイジングはもちろん、疲労回復や免疫力の向上、さらにガン予防にも効果があると言われています。ビタミンCには強力な抗酸化作用があり、ガン細胞の増殖を抑えたり、アトピー性皮膚炎を改善したりすると考えられます。しかし中途半端な摂取量では、十分な効果が期待できません。美容皮膚科で行なわれる点滴療法は、食事やサプリとは比較にならないほど大量のビタミンCを補給できるのが特徴です。

専用の薬剤を使用

ビタミンCはメラニンの生成を抑え、シミやくすみを改善するほか、コラーゲンの生成を促して、肌の弾力と潤いを取り戻します。紫外線の悪影響を防止するにも、風邪のウイルスに抵抗力をつけるにも、ビタミンCは有効です。体の内と外から美しくなれる成分であり、副作用もほとんどないことから人気があります。美容皮膚科では普通の点滴と同じように、30分ほどで施術が終わります。効果は1回で実感できる方もいますが、普通は5回ほどの点滴でワンセットになっています。アンチエイジングのためには、1〜2週間の間隔を置いて点滴を繰り返します。美容皮膚科の点滴療法では、専用の高濃度ビタミンCが配合された薬剤を使用します。通常のビタミン剤注射とは分けて考える必要があります。